2012年11月09日

ガイドヘルパー養成講座(移動介護従業者)

【ガイドヘルパーとは???】 まず、ホームヘルパーとの違いですが、ホームヘルパーは主にご利用者の家などに訪問し、 屋内で高齢者や障害者の介護や支援を行う職業になるのに対し、 ガイドヘルパーの場合は、重度の脳性麻痺等、全身性障害者・児(肢体不自由1・2級で、3肢以上がそれぞれ1~2級)、重度の知的障害者や精神障害者のご利用者が、バスや電車等の公共機関を利用して余暇活動等社会参加の為の外出を行う際に付き添い、介助を行うことが主な業務となっています。 ガイドヘルパーが全身性障害者の支援に対し、同行援護は視覚障害者の支援を対象にしたものになります。 ※同行援護についての詳細はこちら⇒http://www.kaigokazoku.jp/blog/?p=35 ガイドヘルパー養成講座は、2日間で【全身性障害者移動介護従業者修了課程】のライセンスを取得できるカリキュラムとなっており、受講要件は、ホームヘルパー2級課程以上を修了していることです。修了予定者(今取得中という方)も受講することが可能となっていますので、ヘルパー2級と同時に取得される方も当校ではとても多いですよ。 自立支援法により、今後は地域の生活が重要視され専門スキルの必要性が高齢者に限らず援助を必要とする方々から広く期待されています。 修了後は全国で通用する福岡県指定の公的資格を修得できるので、幅広い活躍が期待できます★ http://www.kaigokazoku.jp/shop/user_data/category.php  

RSSリーダーで購読する